もう無駄にしない!野菜の保存方法まとめ

野菜は、保存方法によって、痛み方が随分と変わります。

私は、完全菜食(ヴィーガン)を実践し、ほぼ100%自炊しているので、野菜をたくさん買います。

せっかく買ってきた野菜が、気付いたら、腐ってる!となって、大量に捨ててしまわないといけないなんてイヤですよね。

あ~、腐らせてしまった・・・って、罪悪感が湧いてきます。

私もよくありました笑

そうならないためにも、野菜の適切な保存方法を知っておきましょう。

より適切に保存することによって、より良い鮮度で長く保つことができます。

野菜の保存においてコロナ対策でやっていること

コロナパンデミックが始まってから、野菜の保存方法が少し変わりました。

コロナ対策として、買って、家に持って帰ってきたものは、野菜を含め、全て洗っています。

洗うと言っても、消毒液などは使用せず、さっと水で洗い流します。

洗った野菜は、ティッシュや布で水分を拭き取るか、自然に乾かします。

調理するまで洗わないほうがいいと言われる野菜があります。

しかし、コロナのリスクと、野菜が傷むリスクを天秤にかけたら、コロナのリスク軽減を優先します

食品やモノを介して、コロナに感染したというエビデンスは無い

研究によると、食べ物や商品から、コロナに感染した証拠はないとのことですが、売っている商品は、多くの人が触るので、気になります。

実際、野菜を洗ってから保存しても、水気を取れば、洗うことによって傷みやすくなっているとは感じないですけどね。

野菜の保存方法は気候によって違う

野菜の保存方法は、住んでいる気候によって異なります。

涼しい気候では、常温(冷蔵庫に入れない)で1か月間腐らない野菜でも、暑い気候では、たった2~3日でカビが生えてきてしまうことがあります。

1. 涼しい気候(春、秋、冬)での保存

春、秋、冬の涼しい気候の場合、常温保存しておいても、長持ちする野菜が多いです。

冷蔵庫の中が圧迫されにくくて助かりますねー

例えば、ナスなどの夏野菜は、風通しのいい陰で保存できます。

玉ねぎやイモ類など、冷蔵庫だと場所を取りがちな野菜も、余裕で常温で保存できます。

2. 蒸し暑い気候(夏)での保存

真夏など、湿度や気温が高い地域の場合、ほとんどの野菜は、保存容器に入れて、冷蔵庫の中に保存する必要があります。

私が住んでいるとこの気候は、年中高温多湿なので、野菜を常温で置いていると、すぐに悪くなります。

なので、基本、ぜんぶ冷蔵庫に入れてます。

ちょっと涼しいかな?冷蔵庫に入れなくて大丈夫かな?という時は、玉ねぎやさつまいもなどは、常温の涼しい場所に置きます。

この場合、毎日、野菜の状態をチェックしてます!

冷蔵庫の「冷蔵室」と「野菜室」の違い

野菜を冷蔵庫で保存する場合、「冷蔵室」か「野菜室」に保存します。

「冷蔵室」と「野菜室」の違いは、何でしょうか?

【共通点】冷蔵室と野菜室は、温度は同じくらいです。

【違い】野菜室は、冷蔵室より湿度が高く設定されています

野菜室は、野菜の乾燥を防いで、新鮮に保つために使います

注意したいのが、厳密に言えば、全ての野菜にとって、野菜室が最適ではありません。

湿気に弱い野菜は、野菜室に入れない方が長く保つことができます

私の意見】個人的な感想ですが、野菜室に入れても、冷蔵室に入れても、あまり違いは感じません笑

野菜は、冷凍しない限り、痛みやすいので、遅くても1週間以内には使うようにしています。

保存容器に入れて、冷蔵室か野菜室に置いておけば、傷み具合は変わらないです。

ちなみに、私は、野菜の冷凍保存はしません

理由は、野菜の冷凍があまり好きではないから。解凍したときに、水っぽくなるのが苦手なんです。

なので、野菜は、冷蔵庫の中で腐る前に、使い切るようにしています。

冷凍保存するのは、ベリー類の果物くらいですね。

野菜室か冷蔵室かより、保存容器に入れるか入れないかの方が、痛み具合が大きく違います!

野菜は保存容器に入れるべき?→Yes

野菜を素っ裸のまま、冷蔵庫に置いておくと、一瞬で痛みます

野菜は、何かしらの容器に入れて保管しましょう。

1. おすすめはジップロックとプラスチック容器

おすすめの保存容器は、この2種類

  • ジッパーの保存袋(ジップロックなど)
  • プラスチック容器(タッパー)

どちらも、小さいサイズから大きいサイズまで揃えて使っています。

また、どちらも、何度でも再利用可能です。

4年以上使っているものもあります!

ジップロックと、プラスチックタッパーは、野菜に関しては、使い分けは気にしていません。

適宜、空でサイズが合うものを、選んで使っています。

ジップロック袋は、積み重ねが難しいので、増えると冷蔵庫の中がごちゃごちゃになるのがデメリットですね。

ビニール袋(ポリ袋)は、ジップロックの代わりになります。ですが、ジップロックの方が使いやすいし、洗いやすく再利用しやすいです。

2. スライドジッパー袋とガラス容器

他の選択肢として、スライド付きのジッパーの保存袋ガラス製容器があります。

スライド式ジッパーは、楽ちんですが、密閉ができないです。あと、荒々しく使うと、スライドが壊れやすいです。

ガラス製容器は、割ってしまいそうなので使っていません笑

キャベツの保存方法

キャベツは毎日食べたい野菜です。

常に冷蔵庫の中に入っています。

キャベツのベストな保存方法

  • 料理に使うまで洗わない 保存する際は洗わない
  • 最も外側の葉を残しておく 外の葉は、内側の柔らかい葉を保護する役割
  • 芯を、くり抜くか、爪楊枝で刺す 長持ちさせるため
  • 保存容器に入れて、冷蔵庫の野菜室に保存

私は、包丁で芯に切り込みを入れてから、ジップロックに入れて、冷蔵庫の野菜室に入れています。1~2週間以上持ちます。

まるごとキャベツ&カットしたキャベツは、ラップで巻いて冷蔵庫に入れてもOKです。

千切りキャベツは、プラスチックタッパーに入れます。

芽キャベツの保存方法

芽キャベツは、美味しいのでよく買います。香ばしい匂いがいいですね!

栄養価が高く、健康効果も高いので、頻繁に食べたい野菜です。

英語では、ブリュッセルスプラウトといい、海外の方がよく使われている印象です。

芽キャベツは、暑さが苦手です。スーパーでは、冷蔵の場所に並んでいます。

芽キャベツのベストな保存方法

  • 調理するまで洗わない
  • 保存時はカットしない
  • 保存容器に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れる

私は、洗ってから乾かして、ジップロックか、プラスチックタッパーに入れて、冷蔵室か野菜室に入れています。

芽キャベツは傷みにくく、1週間以上持ちます。

ブロッコリーの保存方法

続いて、最強、ブロッコリー

ブロッコリーは、常備薬です。

ブロッコリーは、痛むのが早く、2~3日で花が黄色く変色し始めます。

ブロッコリーのベストな保存方法

  • 水を湿らせたキッチンペーパーで包む
  • 保存容器に入れ、冷蔵庫で保存

私は、洗ってカットして、自然乾燥させてから、ジップロックかタッパーに入れて、野菜室に入れています。

一週間経っても、青々としています。

とは言っても、ブロッコリーは、なるべく早く使いきるようにしています。

にんにくの保存方法

にんにくは、毎日摂りたい食材です。

気温が高いと痛みやすいです。

にんにくのベストな保存方法

  • 新聞やペーパータオルで包む
  • 保存容器に入れ、冷蔵室に入れる

私は、包まずそのまま、ジップロックか、プラスチックタッパーに入れて、冷蔵室に置いてます。

にんにくは、3つは常備してありますが、毎日使うペースなら、痛むことなく持ちます。

マッシュルームの保存方法

マッシュルームは、健康効果が高く、頻繁に食べたい野菜です。

うちでは、常備してあります。

マッシュルームのベストな保存方法

  • ビニール袋に入れて、密閉させない 長持ちさせるため
  • 冷蔵庫に入れて保存

マッシュルームは、密閉させない方が長持ちするのです。

スーパーで売っているマッシュルームは、ラップに穴が開いていることが多いですよね。

私は、洗って乾かしてから、ジップロックか、プラスチックタッパーに入れて、冷蔵庫に入れています。

密閉してますが、1週間以内に使うなら問題ないです。

ポートベローマッシュルームの保存方法

ポートベローマッシュルーム(Portobello mushroom)は、手のひらサイズくらいある、巨大なきのこです。

ヴィーガンやベジタリアンのレシピで、肉の代わり(代替肉)として、よく使われます。

ポートベローのハンバーガーは、ヴィーガンじゃない人からも人気です!

私も、ポートベローはお気に入りで、レシピに取り入れてよく食べます。美味しいですよ。

ポートベローマッシュルームのベストな保存方法

  • 一つ一つキッチンペーパーで包む
  • ジップロックか、紙袋に入れる(密閉しない方がいい)
  • 冷蔵庫に入れる

1週間以上持ちます。

アボカドの保存方法

アボカドは、野菜ではなく果物です。

料理では、野菜のように、使われることが多いです。よく、野菜と一緒に使われますし。

アボカドは、保存の仕方が難しいです。

早く熟してしまわないように、長持ちさせるにはどう保存したらいいの?

とか

まだ熟してないけど、どうやったら柔らかくなるの?

って、私も悩みました。

熟したアボカドのベストな保存方法

  • 密閉の保存容器に入れ、冷蔵庫に入れる
  • 2~3日以内に食べるのがベスト
アボカドは、野菜・果物の成熟を早めるエチレンガスを多く産出します。アボカドを裸のまま冷蔵庫の中に置いておくと、周りの食べ物の老化が早まってしまいます

なので、保存袋やタッパーに入れて、密閉します。

熟していないアボカドのベストな保存方法

  • 常温で熟すまで置く
  • 紙袋の中に、りんごと一緒に入れる 早く熟させる
  • 4~5日で熟す

硬いアボカドは、冷蔵庫に入れず、常温で置いておきます。

りんごは、アボカド以上に、多くのエチレンガスを出すので、アボカドとりんごを一緒に袋に入れておくと、アボカドの熟成が加速します。

アボカドの本場メキシコでは、この方法が紹介されています。

半分に切ったアボカドのベストな保存方法

  • 切り口にレモンをかける
  • ラップをして冷蔵庫に入れる

私は、カットしたアボカドは、プラスチックタッパーに入れて冷蔵庫に入れてます。

めんどうなので、レモンはかけないです笑

次の日には、食べてしまうので問題ないです。

トマトの保存方法

トマトは、多くの料理のベースとなる食材なので、たくさん常備してます。

スパイスカレー、サルサ、スープ、パスタソースなどなど、大活躍です。

トマトのベストな保存方法

  • 保存容器に入れ、野菜室に入れる
  • ヘタの部分を下にして置く

トマトはわりと頑丈で、保存容器に入れて冷蔵庫に入れて置くと、2週間は持ちます。

セロリの保存方法

セロリは、健康効果が高く、毎日食べたい野菜です。

セロリのベストな保存方法

  • 葉と茎を分けて保存
  • アルミで包んで冷蔵庫に入れるか、保存容器に入れて野菜室に入れる

私は、洗ってから、半分か3分の1にカットして、ジップロックに入れて保存していますが、1週間以上持ちます。

買ってきたままのパッケージで冷蔵庫に入れておくと、早く悪くなるので、買ってきたらすぐにカットしてジップロックに詰めます。

きゅうりの保存方法

きゅうりは、水分が苦手なので、水気を拭き取ったり、キッチンペーパーで包むと長持ちします。

また、乾燥も苦手なので、冷蔵庫の野菜室に入れます。

きゅうりのベストな保存方法

  • 水気を十分にふき取る
  • 保存容器に入れて野菜室で保存
  • 結露して傷みやすい場合は、キッチンペーパーで包む

私は、きゅうりを洗ってから、水分を拭き取って、そのまま、ジップロックか、プラスチックタッパーに入れますが、痛むのが早いので、早めに食べるようにしています。

結露すると、本当にすぐに痛むので注意です。

なすの保存方法

なすは、水分を多く含み、乾燥に弱い野菜です。

なすのベストな保存方法

  • 水気を拭き取る
  • 保存容器に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れる

私は、なすを洗って、水気を拭き取ってから、ジップロックか、プラスチックタッパーに入れて、冷蔵庫に入れてます。

ビーツの保存方法

ビーツは、健康効果が高く、大根のような食感で、赤く丸い野菜です。

ビートルートとも呼ばれます。

ビートルートは、ゲームのマイクラで、アイテムとして登場しますね。

日本では、あまり馴染みのない野菜ですが、海外ではよく食べられてます。

私は好きでよく食べます。

ビーツのベストな保存方法

  • 茎を1cmほど残して切る
  • 保存容器に入れて、野菜室で保存

ビーツは、痛みにくく、冷蔵庫に入れておくと、長持ちします。

私は、ビーツをジップロックに入れて、冷蔵室に入れています。

余裕で、2週間以上持ちます。

さつまいもの保存方法

世界の長寿の地域の主食が、さつまいもという、レジェンドな野菜です。

さつまいもは、水分と寒さに弱い野菜です。

さつまいものベストな保存方法

  • 調理するまで洗わない
  • 保存容器に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れる
  • 涼しい気候なら、常温保存可能

夏場などの蒸し暑い時期でなければ、常温で、風通しのよい、涼しく、暗い場所で保管できます。

私は、洗ってから乾かして、ジップロックか、プラスチックタッパーに入れて、冷蔵室に入れてることが多いです。

蒸し暑さが酷くないときは、常温で置いてます。

さつまいもは、よほどじゃない限り、腐らないと思います笑

じゃがいもの保存方法

じゃがいもは、光を当てると、毒が増殖します。

じゃがいもに、太陽でも人工光でも、光を当てると、緑に変色し、有毒なソラニンが発生します。

私は昔、じゃがいもでお腹を壊したことがあります。

苦味があったのに、そのまま食べたのです笑

冷や汗が出るほど、お腹が痛く、頭痛も出てきたり、結構苦しかったです笑

じゃがいものベストな保存方法

  • 光を当てない
  • 芽が出てきたら、芽と周辺を大きくくり抜く
  • 常温で、風通しのいい、暗い場所に保管
  • 蒸し暑い気候の場合、冷蔵庫の野菜室で保存

じゃがいもは、高い湿度に弱く、腐りやすくなります。

私は、じゃがいもは、滅多に料理に使わないです。

美味しいんですけどね。

代わりに、さつまいもを使います。

トマティーヨの保存方法

トマティーヨは、メキシコ料理でよく使われる野菜です。

見た目は、緑色のトマト。味もトマトに似ています。

サルサ・ヴェルデというソースの主材料です。タコスにかけたりします。

トマティーヨのベストな保存方法

  • 殻を取る
  • 保存容器に入れて、冷蔵庫で保存

私は、洗って、乾かして、ジップロックか、プラスチックタッパーに入れて、冷蔵庫に入れてます。

トマティーヨは、わりと丈夫なので、2週間以上持ちます。

レタスの保存方法

レタスは、生で食べやすく、料理でもよく使います。

レタスのベストな保存方法

  • つまようじで芯を刺す 長持ちさせる
  • 保存容器に入れて野菜室で保存
  • 芯を下にして置く

レタスは、芯に、切り込みを入れると長持ちします。

カットしてしまうと傷むのが早くなります。

私は、芯に切り込みを入れて、ジップロックか、プラスチックタッパーに入れて、冷蔵庫に入れます。

玉ねぎの保存方法

玉ねぎは、にんにくと同じく、たいへん健康効果が高く、がんを改善させる効果が確認されています。

料理でもよく使いますし、美味しいので、多めに常備しています。

玉ねぎは、水分や光によって、カビが生えたり、芽が出たりします

なので、蒸し暑く、明るい環境での保管は不向きです。

玉ねぎのベストな保存方法

  • 風通しがよく、涼しくて、暗い、乾燥した場所で保管
  • 皮付きの玉ねぎは、常温保存がベスト
  • 蒸し暑いときは、冷蔵庫で保存

白玉ねぎ、黄玉ねぎ、紫玉ねぎ、エシャロット、共通です。

私は、皮無しのまるごと玉ねぎ、使いかけのカットした玉ねぎ、どちらも、ジップロックで密閉して、冷蔵庫で保存しています。

私が住んでいる地域では、どこの店でも、なぜか、玉ねぎの皮が剥がされて売っています(^^;

人参の保存方法

人参は、水分に弱いです。

人参のベストな保存方法

  • 緑色の株を取り除く
  • 保存容器に入れ、冷蔵室か野菜室で保存
  • 株を上にして、立てて保存

私は、洗って、水気を取り除いて、ジップロックに入れて冷蔵室か野菜室に入れてます。

立てず、横にして置いても、変わらないかなという印象です。

ピーマンの保存方法

ピーマン、カラーピーマン、パプリカ、ベルペッパー、いろんな名前があります。

緑、赤、黄、オレンジ、紫などなど、カラフルなバリエーションが存在します。

うちの冷蔵庫では、3色は、常にストックしてあります。

ピーマンは、水分によって、すぐに柔らかくなり、ヌルヌルしてカビが生えます。水分を十分に取ることが大切です!

まるごとピーマンのベストな保存方法

  • 十分に乾かす
  • 保存容器に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存

1~2週間は持ちます。

食べかけのピーマンのベストな保存方法

  • 種とヘタはつけたまま
  • 密閉容器に入れ、野菜室で保存

カットしたピーマンは、2~3日以内に使い切るのがベストです。

私は、まるごとピーマン、カットピーマン、どちらも、ジップロックか、プラスチックタッパーに入れて、冷蔵庫に入れてます。

特に、カットした箇所は、水分によってヌルヌルになりやすいので、注意です。毎日確認して水分を拭いたり、2~3日以内に使い切るようにします。

野菜室に入りきらない場合

全体的に、冷蔵庫の「冷蔵室」ではなく、「野菜室」で保存した方がいい野菜が多いです。

私の場合、ヴィーガン、具体的には、プラントベースホールフード(WFPB)の食生活で、ほぼ100%自炊をしているので、野菜の蓄えが非常に多いです。

なので、小さな野菜室に、ぜんぶ入れるのは無理です!

そんな時は、冷蔵室に入れて構いません。

私の感覚では、野菜室も冷蔵室も、さほど変わらないです

保存容器に入れるか入れないかの方が、痛み方に大きな違いがあります

保存容器に入れて、冷蔵室に入れましょう。

それぞれの野菜に合った保存方法で保存しよう

全ての野菜にとってベストな、唯一の保存方法はありません。

保存容器に入れて冷蔵庫で保存しても、痛みの進行が早い野菜と、傷みにくい頑丈な野菜があります。

同じ野菜(例えばトマト)でも、住んでいる気候や、その地域で売られている野菜によっても、ベストな保存方法は異なります。

自分で、試していくうちに、ベターな保存方法や、妥協点が見つかってきます。

是非、自分の気候と、料理スタイルと、それぞれの野菜に合った保存方法を見つけてください。

My「野菜を無駄にしないポイント」まとめ

  • 適切な保存方法で保存する
  • 日頃、野菜の状態をチェックする
  • フレッシュなうちに早めに使い切る
  • 買い物と料理は計画的に

私は、毎日、野菜の状態をチェックしています。

傷んでないか、カビが生えてないかとか

結露していれば、水分を拭きとります。

また、買い物リストと食事メニューは、計画的に考えておくことも、野菜を無駄にしないためのポイントです。野菜の傷み具合に合わせて、2~7日間のプランは考えておきたいです。

なんにせよ、フレッシュなうちに美味しく食べたいですよね!

Enjoy yummy!